あなたは、まさにいるべきところにいる

あなたは、まさにいるべきところにいる

自宅を出た時、私はすでに遅刻していました。あと3センチ(電車の扉が閉まる時、ほぼそれが私の鼻の先と扉との距離でした)というところで電車に乗りそびれてしまいました。私は次の電車に乗り、信じられないことがおきたのです。私は違